Synology ルーター RT6600ax RT2600ac設定めも

SynologyのPPPoE接続 (IPv4)と IPoE接続の併用が出来るデュアルWAN対応のルーターのRT6600axとRT2600acの設定めも

RT2600acは、IPoE接続時、サイトがIPv4接続のみ対応(ユーザー側ではなく相手側がIPv6接続に対応していない)の場合、その接続は130Mbps前後が最大速度です。相手側もIPv6接続に対応していれば、ほかのルーターと同等の最大速度が出ます。
これは後継機種のRT6600axでは起こらないので、RT2600acの性能不足が原因です。ユーザー側からは解決できません。

みんなのネット回線速度」でIPv4・IPv6の同時測定ができるのでこの現象が再現できます。

目次

インターネット接続の設定

デュアルWANの設定

IIJmioひかりのIPoEオプション(無料)に契約すると、PPPoE接続 (IPv4)とIPoE接続が可能になり2回線分使えるようになります。この2回線を一つのルーターに繋げて、各端末を任意の接続に振り分ける設定です。

http://192.168.0.1http://192.168.1.1がルーターの設定アドレス

ネットワークセンター > インターネット

第一インターフェイスの設定

接続タイプ: DS-Lite
構成タイプ: 手動
デフォルトのゲートウェイに設定: 無効

AFTRアドレスをgw.transix.jpから下記の設定にすることで、再起動時にDS-Liteの接続が切断されなくなる。(AFTRアドレスが見つからないです にならない)

NTT東日本エリア
2404:8e00::feed:100
2404:8e00::feed:101

NTT西日本エリア
2404:8e01::feed:100
2404:8e01::feed:101

参考

https://www.mfeed.ad.jp/transix/dslite/yamaha.html#AFTRのIPv6アドレス設定について

第二インターフェイスの設定

接続タイプ: PPPoE
デフォルトのゲートウェイに設定: 有効
MTU値: 1454

第二インターフェイスを使うには、LANケーブルをLAN1ポートに接続する必要があります。別途ハブが必要です

「Smart WAN」から「インターフェイスの優先順位」で、DS-Liteの優先度を一番上に設定します。

DNSサーバーの手動設定 (任意)

Cloudflare DNS
1.1.1.1
2606:4700:4700::1111

Google Public DNS
8.8.8.8
2001:4860:4860::8888

DoH (DNS over HTTPS)の設定が良いです。

「ローカル ネットワーク」 -> 「DoH (DNS over HTTPS) を有効化」から設定できます。

例 : 1.1.1.2相当のDoHアドレス
https://security.cloudflare-dns.com/dns-query

NextDNSのDNSサーバーを使えば広告やトラッカー、マルウェアやフィッシングをブロックできオススメです。

その他のDNSサーバーはAdGuardのマニュアルが詳しいです。

https://kb.adguard.com/en/general/dns-providers

Smart WAN

Raspberry Pi などでサーバーを公開している場合、DS-Liteではポート開放が出来ないので、PPPoEで接続する必要があります。

ポリシールート

Smart WAN機能でRaspberry Piなどポート開放の必要がある機器のローカルIPをポリシールートからPPPoEのインターフェイスに割り当てPPPoEで接続させます。それ以外はDS-Liteインターフェイスでも良いです。


INTERNET Watchの記事がとても参考になりました。
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/shimizu/1131132.html

コメントを残す