RDP Wrapper使い方

RDP WrapperはWindowsのHOMEエディションでもリモートデスクトップの接続される側のホストPCとして使えるように設定するソフト。

接続する側のクライアントはHOMEエディションでも使えます。

現在は、通常の方法でRDP Wrapperをインストールしてもリモートデスクトップの設定が出来ないので多少手間がかかります。

まず、RDP Wrapper 本体のRDPWInst-v1.6.2.msiRDPWrap-v1.6.2.zipをGitHubからダウンロードします。
https://github.com/stascorp/rdpwrap/releases

Google ChromeとFirefoxではダウンロード時、警告が出てダウンロード出来ないので別のブラウザでダウンロードしてください。今回はWaterfoxでダウンロードしました。

ダウンロード出来ないのは、WindowsのHOMEエディションでは、本来出来ないはずのリモートデスクトップ(接続される側のホスト)を使えるようにするために、本来はHOMEエディションでは存在しない重要なファイルなどを追加しWindowsを改変するため悪意あるファイルとして認識されるためと推測しています。

RDP Wrapperが信頼できないなら、ここでやめるべきです。RDP Wrapperの代替はありません。Proエディションにアップグレードするか「TeamViewer」、「AnyDesk」を使ってください。

はじめに、RDPWInst-v1.6.2.msiをインストール。次に、RDPWrap-v1.6.2.zip内のファイルをC:\Program Files\RDP Wrapperフォルダにコピーします。

必ず”%ProgramFiles%\RDP Wrapper”にインストール
通常はC:\Program Files\RDP Wrapperにインストールになっているはずです。

セキュリティソフトの Antivirus / WindowsDefnder がRDP WrapperフォルダとRDP Wrapperファイルを削除するので防止するためにAntivirus/WindowsDefnderに除外設定をします。

RDP Wrapper autoupdate batファイル
https://github.com/stascorp/rdpwrap/pull/859

autoupdate batファイルをダウンロードしてファイルをC:\Program Files\RDP Wrapperフォルダにコピーします。これで、autoupdate batファイルを使用して、RDP Wrapperをインストールおよび更新できます。

右メニューから管理者としてautoupdate.batを実行してください。必要なファイルがGitHubからダウンロードされます。

システムの起動時にautoupdate.batの自動実行を有効にするには、管理者としてautoupdate__enable_autorun_on_startup.batを実行します。無効にするにはautoupdate__disable_autorun_on_startup.batを実行します。

“%ProgramFiles%\RDP Wrapper\helper\autoupdate__enable_autorun_on_startup.bat

RDPConf.exeを実行し、RDP Wrapperの設定状況を見ます。RDPConf.exeからリモートデスクトップの設定もできます。

Listener state: Listening

fully supported完全にサポート

になっていれば成功です。

もし出来なければ、https://github.com/stascorp/rdpwrap/issuesから最新情報を確認してください。

RDPCheck.exeからリモートデスクトップの接続確認もできます。

外からリモートデスクトップをするには、3389ポートの開放が必要です。外からつながらない場合ルーターを確認してください。ポート開放出来ない場合は、remote.itを使ってください。

Microsoft リモート デスクトップ クライアント

Android

Windows 10

Mac

コメントを残す