CRYENGINE 5.7 LTS 概要

日本時間 2022年04月06日 Crytekは、CRYENGINE V 最後となるバージョンCRYENGINE 5.7 LTSをリリースしました。

このCRYENGINE5.7 Long Term Support(LTS)リリースでは、最新の開発ソフトウェアを使用してエンジンのワークフローを改善することを目的とし、報告された一般的なバグ修正など、さまざまな更新が行われます。
このアップデートは、CRYENGINE5.6との互換性を保つように設計されています。

CRYENGINE 5.7 LTSは、今後サポートされるCRYENGINE 5の唯一のバージョンになるため、Crytekは5.7にアップグレードすることを強くお勧めします。

CRYENGINE | CRYENGINE 5.7 Long Term Support is here!
https://www.cryengine.com/news/view/cryengine-5-7-long-term-support-is-here

https://docs.cryengine.com/display/RN/CRYENGINE+5.7

CRYENGINE 5.7 LTS ハイライト

Scaleform 4

Scaleform 3を改良したScaleform 4 integrationは、すべてのプラットフォームでより高いパフォーマンスを発揮するためにカスタマイズされたレンダリングを特徴としています。

ActionScript 2.0との後方互換性があり、FlashプロジェクトをActionScript 3.0で作り直すことなくScaleform 4のパフォーマンスの利点を享受できます。Scaleform 4へのアップグレードで予期せぬバグが発生した場合に備えて、Scaleform 3もまだ利用できます。

Scaleform Schematyc

Scaleform Schematycプラグインは、Flow Graphが提供するUIシステムに必要な機能をエミュレートするために提供されています。 UI要素はComponentとして提供され、その要素に対応する関数やイベントはElement XMLファイルで定義することができる。
Scaleform 3 と 4 の両方をサポートしています。

GamePlatformプラグイン

GamePlatformプラグインは、CRYENGINE5.6でリリースされたプラグインをアップデートしたものです。

拡張された機能として、Steam、PlayStation、Xboxなど様々なプラットフォームのサポートが含まれています。さらに、Flow GraphとSchematyc用のビジュアルスクリプティングノードを提供する新しいプラグインがオプションで含まれています。また、非推奨のDiscord Rich Presence SDKは、Discord Game SDKに更新されました。

Visual Studio 2017-2022サポート

エンジンコードとCMakeが更新され、Visual Studioバージョン2017、2019、および2022がサポートされるようになりました。VisualStudio2015のサポートは廃止されました。 このアップグレードに伴い、C ++ 17標準実装のサポートが追加され、WindowsSDKが10.0.20348.0に更新されました。

プライベートリポジトリでソースコードの配布を開始

CRYENGINE 5.7 LTSの開始に伴い、業界標準に則り、登録開発者向けのプライベートリポジトリでソースコードの配布を開始

ソースコードにアクセスするには、CRYENGINE.comのアカウントを作成し、CRYENGINEのお問い合わせフォームからアクセスをリクエストする必要があります。この新しいプライベートリポジトリのソースコードへのアクセスに加え、バグの報告やフィードバックの送信も可能になります。

CRYENGINE 5.7 LTSのサポートに加え、Crytekは次のフルバージョンのエンジンに取り組んでいます。(CRYENGINE 6だと思う)

コメントを残す