カテゴリー別アーカイブ: PCソフト

madVR の設定

madVRの設定 ルビ付き
madVRは、高品質のDirectShowビデオレンダラ
madVR のバージョン 0.92.14
http://madvr.com/

properties

propertiesプロパティ
the display expects following RGB output levels:
the native display bit depth is:ネイティブの表示ビット深度は次のとおりです。
3D format:3D形式:
swap / right eye

cailbration


cailbrationキャリブレーション
disable calibration controls for this displayこのディスプレイのキャリブレーションコントロールを無効にする。
this display is already calibratedこのディスプレイはすでに校正済みです
calibrate the display by using yCMSyCMSを使用してディスプレイをキャリブレーションする
calibrate this display by using external 3D LUT files外部の3D LUTファイルを使用してこのディスプレイを調整する
🔲disable GPU gamma rampsGPUガンマランプを無効にする


display modes


switch to matching display mode…一致する表示モードに切り替える…
… when playback starts…再生が始まると
… when media player goes full screen…メディアプレーヤーがフルスクリーンになると

restore original display mode…元の表示モードに戻す…
… when media player is closed…メディアプレーヤーを閉じたとき
… when media player leaves fullscreen…メディアプレーヤーがフルスクリーンを終了すると
treat 25p movies as 24p (requires Recock or Video Clock)25pの動画を24pとして扱う(RecockまたはVideo Clockが必要)
hack Direct3D to make 24.000Hz and 60.000Hz workDirect3Dをハックして24.000Hzと60.000Hzを動作させる

list all display modes madVR may switch to:
(valid)

leave empty to disable automatic display mode matching空白のままで自動表示モードの一致が無効

Example:
1080p 23, 720p50, 1366x768p59, 1080129
use operating system refresh rate name, e.g. usually “23” for 23.976OSのリフレッシュレート名を使用します(例: 23.976の場合は通常「23」)


custom modes

custom modes
add
edit
optimize
reset gpu
🔲show native res modes, only

windth
height
hz
status
active
standard mode, unknown timing details標準モード、未知のタイミング


color & gamma

brightness:
contrast:
saturation:
hue:
enable gamma processingガンマ処理を可能にする
desired display gamma / transfer function:ディスプレイガンマ/転送機能


hdr

⚪let madVR decide
passthrough HDR content to the displayHDRコンテンツをディスプレイにパススルーする
convert HDR content to SDR by using pixel shader mathピクセルシェーダの数学を使用してHDRコンテンツをSDRに変換する
convert HDR content to SDR by using an external 3DLUT外部3DLUTを使用してHDRコンテンツをSDRに変換する
⚪process HDR content by using pixel shader math
⚪process HDR content by using an external 3DLUT
HDR content is converted to SDR. The display receives SDR content.

target peak nits:
tone mapping curve:

gamut mapping algorithm:
complex scientific mode – RGB clip

fix too bright & saturated pixels by:
dynamic luminance & saturation reduction

measure each frame’s peak luminance (doesn’t work with DXVA scaling / decoding)各フレームのピーク輝度を測定する(DXVAのスケーリング/デコードでは機能しない)
restore details in compressed highlights圧縮されたハイライトのディテールを復元する
activate anti-bloating filteranti-bloatingフィルタを有効にする
strength強度: 100%
activate anti-ringing filterアンチリンギングフィルタを有効にする


deinterlacing


automatically activate deinterlacing when needed必要に応じて自動的にインターレース解除を有効にする
if in doubt, activate deinterlacing疑わしい場合は、インターレース解除を有効にする
if in doubt, deactivate deinterlacing疑わしい場合は、インターレース解除を無効にする
🔲disable automatic source type detection自動ソースタイプ検出を無効にする
force film modeフィルムモードを強制
force video modeビデオモードを強制

(多分)フィルムモードは24Pで、ビデオモードは30P

🔲only look at pixels in the frame center (good for broadcasts, bad for Anime)フレーム中心のピクセルだけを見る(ブロードキャストには良い、アニメには悪い)


artifact removal


🔲reduce banding artifactsバンディングを低減
default debanding strength:デフォルトのバンディング低減強度
strength during fade in/out:フェードイン/アウト時の強さ:

low
medium
high

バンディング
色の階調部分が荒くなる現象。グラデーション部分などに階調の変化点が等高線のように見えてしまう現象。

🔲reduce ringing artifactsリンギングを低減

リンギング
画像のコントラストの高い部分に不自然な輪郭が発生する現象。アンシャープマスク処理で発生することで有名

🔲reduce dark halos around brightedges, too (not recommended for Anime)(アニメにはおすすめしない)

🔲reduce compression artifacts strength:
process chroma channels, tooクロマチャンネルを処理する
☑activate only if it comes for free (as part of NGU sharp)
🔲reduce random noise strength:ランダムノイズ強度を低減する
process chroma channels, tooクロマチャンネルを処理する


imeage enhancements


[image enhancements]
sharpen edgesエッジをシャープにする
orispen edgesエッジを細くする
thin edges薄いエッジ
enhance detailディテールを強化する

Luma sharpenルマをシャープにする
Adaptive Sharpen linear light

activate anti-bloating filteranti-bloatingフィルタを有効にする strength: 100%
activate anti-ringing filterアンチリンギングフィルタを有効にする

restore defaultsデフォルトに戻す


zoom control

[zoom control]
disable scaling if image size changes by only:画像サイズが変更された場合にのみスケーリングを無効にする
…2 lines or less… 2行以下
move subtitles:字幕を移動する
… to bottom of the screen/window…画面/ウィンドウの下部に
automatically detect hardcoded black bars
if black bars change pick one zoom factor:
…which doesn’t lose any image content
if black bars change quickly back and forth…
don’t switch more often than:
once every 2 sec
…pick one common zoom factor:
…which doesn’t lose any image content
notify media player about cropped black bars:
…no more than once every 2 sec
always shift the image:
…to the top of the screen
keep bars visible if they contain subtitles: forever
deanup image borders by cropping:
…1line from a blackbar borders if there are big blackbars:
… reducebar size by 25%
zoom small blackbars away
crop black bars


general setings

general settings一般設定
delay playback start until render queue is fullレンダリングキューがいっぱいになるまで再生を遅らせる。
delay playback start after seeking, tooシークが終わったらに再生が始まる
🔲enable windowed overlay (Windows 7 and newer)オーバーレイ ウィンドウを有効にする(Windows 7以降)
enable automatic fullscreen exclusive mode自動フルスクリーン排他モードを有効にする
🔲disable desktop composition (Vista and Windows 7)デスクトップ構成を無効にする(VistaおよびWindows 7)
only when media player is in fullscreen modeメディアプレーヤーがフルスクリーンモードになっているときのみ
🔲use Direct3D 11 for presentation (Windows 7 and newer)プレゼンテーション用にDirect3D 11を使用する(Windows 7以降)
present a frame for every VSyncVSyncごとにフレームを表示する
🔲use a separate device for presentation (Vista and newer)プレゼンテーション用に別のデバイスを使用する(Vista以降)
🔲use a separate device for DXVA processing (Vista and newer)DXVA処理用に別のデバイスを使用する(Vista以降)
CPU queue sizeCPUキューサイズ: 16
GPU queue size: 8


windowed mode

windowed modeウィンドウモード
present several frames in advanceいくつかのフレームをあらかじめ提示する
how many video frames shall be presented in advance:事前に提示されるビデオフレームの数:

when and how shall the GPU be flushed:どのようにしてGPUに送ればよいでしょうか?

… after intermediate render steps中間レンダリングステップの後
… after last render step
… after copy to backbuffer
… after D3D presentation… D3Dプレゼンテーション後

flushフラッシュ
flush & wait (sleep) don’t flushフラッシュ&待機(スリープ)フラッシュしない
don’t flushフラッシュしないでください


exclusive mode

exclusive mode排他モード
show seek barシークバーを表示
delay switch to exclusive mode by 3 seconds3秒間遅らせてから排他モードに切り替えます
present several frames in advanceいくつかのフレームをあらかじめ提示する

how many video frames shall be presented in advance:事前に提示されるビデオフレームの数

when and how shall the GPU be flushed:どのようにしてGPUに送ればよいでしょうか?

… after intermediate render steps
… after last render step
… after copy to backbuffer
… after D3D presentation


stereo 3d

stereo 3d
☑enable stereo 3d playback

🔲when playing 2d content:
⚪enable
⚫disable os stereo 3d support for all displays

🔲when playing 3d content:
⚫enable
⚪disable os stereo 3d support for all displays

🔲restore os stereo 3d settings when media player is dosed


CRYENGINE 5.4の概要

このメジャーアップデートでは、グラフィックスAPI「Vulkan(ヴァルカン)」のサポート、.sbsarを使用したプロシージャルテクスチャ、地形システムのアップグレードなど大きな更新があります。
このメジャーアップデートはコミュニティからのフィードバックを受けリリースされました。

リリースハイライト

.cryprojectファイルの右クリックメニューからパッケージのビルド(Package Build)出来るようになりました。


今までありませんでした。パッケージのビルドが手軽になりました。

Substance Integration

.sbsarファイルを使用したプロシージャルテクスチャが使用出来るようになりました。
https://www.borndigital.co.jp/software/1000.html

.sbsarファイルのダウンロード
https://share.allegorithmic.com/libraries?by_category_id=21

.sbsarの作成ツールなどの情報

Substance Designer 6 | Steam
http://store.steampowered.com/app/449380/Substance_Designer_6/

Substance Designer [Allegorithmic] | ボーンデジタル
https://www.borndigital.co.jp/software/1000.html

Substance Designerでテクスチャを作ってみる。 | ヘキサ日記
http://hexadrive.jp/hexablog/%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3/14656/

そもそも何ができるの? | Substance Designer wiki
http://seesaawiki.jp/sampledesigner/d/%A4%BD%A4%E2%A4%BD%A4%E2%B2%BF%A4%AC%A4%C7%A4%AD%A4%EB%A4%CE%A1%A9

SUBSTANCE SHARE (.sbsarの配信コミニティサイト)
https://share.allegorithmic.com/
https://share.allegorithmic.com/libraries?by_category_id=21

Substance勉強中 | ヘキサ日記
http://hexadrive.jp/hexablog/%E3%81%84%E3%81%84%E3%83%A2%E3%83%8E%E3%81%A5%E3%81%8F%E3%82%8A%E9%81%93/11247/

Substanceコミュニティーサイト「Substance Share」オープン | borndigital
https://www.borndigital.co.jp/software/news/4131.html

地形システムのアップグレード

長年にわたり、最もアップグレードを要望されていた3Dエンジン、具体的には、地形システムをアップグレード。
別々のオブジェクトを地形メッシュにブレンドして統合出来るようになりました。

グラフィックスAPIのVulkan(ヴァルカン)のサポート

Vulkan(ヴァルカン)は、クロスプラットフォームのグラフィックスAPI。
Androidのサポートを目指しています。
5.4ではVulkanレンダラのベータ版が実装されています。
Vulkan(ヴァルカン)の情報

新世代の低オーバーヘッドなグラフィックスAPI「Vulkan」,ついに正式始動 | 4gamer.net
http://www.4gamer.net/games/293/G029343/20160217055/

エンティティコンポーネント

Unity みたいになった?
CRYENGINEの長年の問題を解決する?

Asset システム更新

UE4みたいになった?

Extended Detail Bending (Robinson Tech)

植生のためにより正確な植生シェーダ

C# テンプレート

次のテンプレートを追加
C# Plugin
C# Blank
C# Rolling Ball
C# 3rd person

Photoshop Ultimate Texture Saver

テクスチャアーティスト向けのPhotoshopの拡張機能

Particle Presets

パーティクルのプリセットライブラリ

Anti-Aliasing

新しいアンチエイリアシング技術を導入

エディタのソースコード(プレビューリリースには含まれません)

5.4のフルリリースでは、サンドボックスエディタのソースコードが、公開予定です。独自のカスタムツールやソフトのためにサンドボックスエディタを拡張することができるようになります。

日本語化が出来るかも?

5.4のフルリリース時点で、サンドボックスエディタのソースコードは、まだ公開されていません。

cryengine.comのニュース
Community Update: Sandbox Source Code & CRYENGINE Documentation
https://www.cryengine.com/news/community-update-sandbox-source-code-cryengine-documentation

CRYENGINE 5.4 Major Release
https://www.cryengine.com/news/cryengine-54-major-release

マザーボード等に付属のインストールするべきなのか迷うソフト、ドライバの簡単な解説。

マザーボード等に付属のインストールするべきなのか迷うソフト、ドライバの簡単な解説。

最新のソフト、ドライバは、基本的に各メーカーの各パーツのページにあります。

続きを読む

NetWorx インストール

 

2014-10-07 08_14_31-Setup - NetWorx
Taskbar Integration
LAN Traffic Filtering Driver
WFP Implementation
TDI Implementation(Recommended)

タスクバーの統合
LANトラフィックフィルタリングドライバ
WFPの実装
TDI実装(推奨)

どのLANトラフィックフィルタリングドライバを選べばいいか

TDIは、Windows XPから動作するドライバ
WFPは、Windows 7から動作するドライバ

Windows 7以降ならWFPを選べばいいはず
(WFPドライバで問題がある場合は、TDI)

安定性の点では、TDIドライバはほとんどのシステムに適しているようで、それが推奨選択肢となっている理由です。
WFPドライバーが問題なく動作する場合、WFPで問題ありません。

多くのウイルス対策、ファイアウォールやセキュリティ製品は、独自のTDIとWFPドライバをインストールし、これらはNetworxのものと競合する可能性があります。そのためNetworxは、選択肢を提供しています。

参考
https://www.softperfect.com/board/read.php?8,17837,20090

Windows フィルタリング プラットフォーム (WFP) コールアウト ドライバー
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/gg158951%28v=winembedded.70%29.aspx

Windows フィルタリング プラットフォーム
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/gg156122%28v=winembedded.70%29.aspx

Taskbar Integrationをチェックした場合
タスクバーで以下のものが使える
2014-10-07 08_43_56-

2014-10-07 08_44_39-

オンラインストレージのboxをWinSCPで接続

オンラインストレージのbox.com(box.net)をWinSCPで接続する

WinSCPのVer5.6.0beta以降

Session
File ProtocolをWebDAVにする
Host nameはhttps://dav.box.com/dav
Box.comのユーザー名とパスワードを入力
2014-07-16 13_29_34-
Login

2014-07-16WinSCP
Loginできた
ダウンロード、アップロード問題なくできました

WinSCP Downloads

WinSCPはコマンドラインが使えるようなので工夫すれば自動バックアップとかできるかも
WinSCPコマンドラインオプション