タグ別アーカイブ: CRYENGINE

CRYENGINE V Materialの作成

Materialの種類

CRYENGINE VのPBRは Specular Workflow です。
UnityのStandard (Specular setup) に相当します。(UE4はMetalness Workflow。UnityはSpecular、Metalness どちらも使える。)

Materialには、2つのカテゴリがある。
金属と(鉄、金、銅などのような導体)非金属(プラスチック、石材、木材、皮、ガラスなどのような誘電体) 続きを読む

CRYENGINE 5インストール

使用バージョン CRYENGINE 5.0
ランチャーをインストール

まずはランチャーをインストール
インストール先は、初期位置のままだと不便な場合があるので、(環境により管理者権限が必要かも)別の場所にする方が良いと個人的には思う。 続きを読む

CRYENGINE 5 rc.exeでテクスチャを作成

 

rc.exeのショートカットを作成し /userdialog=1 /refreshをつけ、rc.exeのショートカットに、tifファイルをドラッグアンドドロップするか、batファイルを作成する。

batファイル例
@rem rc.exeのある場所をフルパスで指定。
SET RC=F:\ProgramFile\CRYENGINE_ Launcher\Crytek\CRYENGINE_5.0\Tools\rc\rc.exe
"%RC%" "%~dpnx1" P=PC /refresh /userdialog=1

CRYENGINE テクスチャ 種類

CRYENGINE 3.6以降

テクスチャの種類 Texture
ディフューズマップ Diffuse texture 表面に色を付ける。
スペキュラマップ Specular texture 反射光の強度と色
ノーマルマップ Normal texture 法線マッピング。細かい凹凸をテクスチャで表現。
環境マップ Environment texture
変異マップ Displacement texture 変異マップ。ディスプレイスメントマップ。
ディテールテクスチャ Detail texture
グロスマップ GlossMap グロスマップ。表面の粗さ (映り込み)。
白 強、黒 弱。
PCディスプレイの画面で例えるとノングレアが黒、グレアが白。