CRYENGINE Flow Graph Editorの使い方を簡単に説明

Flow Graph Editorの使い方の簡単な説明

今回は、オブジェクトに攻撃が当たったらオブジェクトが移動するFlow Graphを作成。

Geom Entityなどの(Brushはダメ)オブジェクトを右クリック > Create Flow Graph

Flow Graph Editor画面に移動する

このオブジェクトのFlow Graphを選択

Perspective画面でこのオブジェクトを選択した状態で
右クリック > Add selected entityでこのオブジェクトのNodeが出る。
Add selected entityAdd Start Nodeはよく使うので右クリックですぐのところにある。


今回は、このオブジェクトに攻撃が当たったらこのオブジェクトが移動するFlow Graphを作りたいので、Add NodeからMovement > MoveEntity Toを選択し以下のようにする。

これでとりあえず動かしてみる。

動かない…

MoveEntity Toが誰に対してなのかを設定していないので動かない。
Choose Entity(エンティティを選択してください)

MoveEntity Toが誰に対してなのかを設定する

MoveEntity Toを右クリック > (Perspective画面で対象のオブジェクトを選択した状態で)Assign Selected Entity
これで、このMoveEntity Toは誰に対してなのかが設定された。

これで動かしてみる。

機能しているはず。

その他

Game TokenとかGraph Tokenが変数らしいです。

Flow Graph Editor
http://docs.cryengine.com/display/SDKDOC2/Flow+Graph+Editor

Flow Graph Node Reference
http://docs.cryengine.com/display/SDKDOC2/Flow+Graph+Node+Reference

Flow Graph Tokens
http://docs.cryengine.com/display/SDKDOC2/Flow+Graph+Tokens

CRYENGINE V (5.0.0)
CRYENGINE GameSDK Sample Project使用

 

状態
Flow Graphの使い方がやっと少しわかったので、忘れないようにとりあえず書いた。

コメントを残す