カテゴリー別アーカイブ: PC

CRYENGINE 5.4の概要

このメジャーアップデートでは、グラフィックスAPI「Vulkan(ヴァルカン)」のサポート、.sbsarを使用したプロシージャルテクスチャ、地形システムのアップグレードなど大きな更新があります。
このメジャーアップデートはコミュニティからのフィードバックを受けリリースされました。

リリースハイライト

.cryprojectファイルの右クリックメニューからパッケージのビルド(Package Build)出来るようになりました。


今までありませんでした。パッケージのビルドが手軽になりました。

Substance Integration

.sbsarファイルを使用したプロシージャルテクスチャが使用出来るようになりました。
https://www.borndigital.co.jp/software/1000.html

.sbsarファイルのダウンロード
https://share.allegorithmic.com/libraries?by_category_id=21

.sbsarの作成ツールなどの情報

Substance Designer 6 | Steam
http://store.steampowered.com/app/449380/Substance_Designer_6/

Substance Designer [Allegorithmic] | ボーンデジタル
https://www.borndigital.co.jp/software/1000.html

Substance Designerでテクスチャを作ってみる。 | ヘキサ日記
http://hexadrive.jp/hexablog/%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3/14656/

そもそも何ができるの? | Substance Designer wiki
http://seesaawiki.jp/sampledesigner/d/%A4%BD%A4%E2%A4%BD%A4%E2%B2%BF%A4%AC%A4%C7%A4%AD%A4%EB%A4%CE%A1%A9

SUBSTANCE SHARE (.sbsarの配信コミニティサイト)
https://share.allegorithmic.com/
https://share.allegorithmic.com/libraries?by_category_id=21

Substance勉強中 | ヘキサ日記
http://hexadrive.jp/hexablog/%E3%81%84%E3%81%84%E3%83%A2%E3%83%8E%E3%81%A5%E3%81%8F%E3%82%8A%E9%81%93/11247/

Substanceコミュニティーサイト「Substance Share」オープン | borndigital
https://www.borndigital.co.jp/software/news/4131.html

地形システムのアップグレード

長年にわたり、最もアップグレードを要望されていた3Dエンジン、具体的には、地形システムをアップグレード。
別々のオブジェクトを地形メッシュにブレンドして統合出来るようになりました。

グラフィックスAPIのVulkan(ヴァルカン)のサポート

Vulkan(ヴァルカン)は、クロスプラットフォームのグラフィックスAPI。
Androidのサポートを目指しています。
5.4ではVulkanレンダラのベータ版が実装されています。
Vulkan(ヴァルカン)の情報

新世代の低オーバーヘッドなグラフィックスAPI「Vulkan」,ついに正式始動 | 4gamer.net
http://www.4gamer.net/games/293/G029343/20160217055/

エンティティコンポーネント

UE4みたいになった?
CRYENGINEの長年の問題を解決する?

Asset システム更新

UE4みたいになった?

Extended Detail Bending (Robinson Tech)

植生のためにより正確な植生シェーダ

C# テンプレート

次のテンプレートを追加
C# Plugin
C# Blank
C# Rolling Ball
C# 3rd person

Photoshop Ultimate Texture Saver

テクスチャアーティスト向けのPhotoshopの拡張機能

Particle Presets

パーティクルのプリセットライブラリ

Anti-Aliasing

新しいアンチエイリアシング技術を導入

エディタのソースコード(プレビューリリースには含まれません)

5.4のフルリリースでは、サンドボックスエディタのソースコードが、公開予定です。独自のカスタムツールやソフトのためにサンドボックスエディタを拡張することができるようになります。

日本語化が出来るかも?

 

CRYENGINE 5.4 Major Release
https://www.cryengine.com/news/cryengine-54-major-release

BCRY Exporterの概要

BCRY ExporterはBlenderで作成した3DモデルをCRYENGINE系のasset形式(CGF,CHRなど)に変換するBlenderのアドオンです。

BCRY ExporterはCryblendの派生プロジェクトでCryBlend 6.0に相当するCryblendの後継アドオン。
堅牢性と快適性を向上させ、BlenderとCRYENGINE間の完全なパイプラインを構築することを目的としているようです。またCryblendよりもドキュメントが豊富です。

“BCRY Exporter”は”Blender to CryEngine 5 Exporter”の略名 続きを読む

【レビュー】Radeon RX560 4G HIS HS-560R4SCNR

HISのセミファンレス仕様のRadeon RX560 4GB OCモデルのGPUレビュー

HS-560R4SCNR仕様

メーカー: HIS(本社:香港)
正規販売代理店: 株式会社アイティーシー

GPU : AMD Radeon HD 560 4G (OCモデル)
ファン: セミファンレス(GPUの温度が約60℃になるとファンが回転し始める。約49℃でファン停止)
コアクロック : OCクロック: 1295MHz / ブーストクロック : 1175MHz / ベースクロック : 1175MHz

メモリ : 4GB GDDR5 128bit
メモリクロック : 7Gbps(1750MHz)

インターフェイス : PCI Express x 8 (PCI Express 3.0)
スロット占有数 : 2

DVI-D: 1 DL-DVI-D
HDMI v2.0b: 1
DisplayPort 1.4: 1

本体サイズ: 183 x 130 x 40mm
推奨電源: 400W以上
補助電源無し

使用環境

Web閲覧、文章作成などに使っている低スペックPC
CPUは、Intel Pentium G3220 @ 3.00GHz
メモリ 8G
電源: 400W ゴールド
サイドファンなし 最低限のファンのみ

このPCは、静音性と低価格を重視して自作したPCです。
「HS-560R4SCNR」を使う前は、G3220の内蔵GPUでした。

ドライバは、「Radeon Software Crimson ReLive Edition」をインストールします。
内蔵GPUからのハードウェア変更の際は、「インテル HD グラフィックスドライバ」は、削除しなくても問題ありませんでした。

ファン静音性

静音性ですが60℃前後からファンが1000RPMぐらいで回りだし静かでした。負担をかけても静かです。最大回転数は3200RPM

通常の使用なら、部屋が30℃前後で負担0%でGPU温度は50~60℃前後でした。(室内温度+30℃くらい)基本的にファンの音はしません。

夏だったためか、それとも仕様なのかは分かりませんでしたが、なぜか起動時(スリープからの復帰含む)にファンが数秒間、全開になる時がありました。その後、ファンが停止。

その後、いろいろ試した結果、GPU温度60℃以上の状態で、再起動などすると、(スリープからの復帰含む)Windows起動後ファンが全開になり、49℃でファンが停止。BIOS画面では、GPU温度が高くてもファンが全開にならなかったので、このPC環境のみの症状かもしれません。MSI アフターバーナーでファン設定の変更をすればこの問題は起こりませんでした。

 


ファンサイズは90mmで、ファンブレードは11枚、フレーム部分は金属製でザラザラ。ロゴは白です。

フレーム部分が金属製なので放熱性は良いと思います。触ったら熱かった。

外箱

スペック

 

「Radeon RX 560」はゲームの録画、配信機能の「ReLive」(ゲーム以外も可能)、動画向けの映像補完技術「AMD Fluid Motion Video」も使えます。(Radeon RX 550でも使えます)

「AMD Fluid Motion Video」対応のビデオプレイヤーは有料の「PowerDVD」か無料の「Bluesky Frame Rate Converter」DirectShowフィルタと対応したプレイヤー(例えばMPC-HC)です。

ゲーム中心に使うなら「GeForce GTX1050Ti」にしたほうが良いと思います。動画中心ならRadeon

価格は、購入時15800円(クーポン使って13800円 NTT-Xで購入)でした。
購入時Radeon RX560 4Gの相場がだいたい15000~17000円台前後、Radeon RX560 2Gは、11000~13000円台前後でした。
価格からすると購入時の相場では「HS-560R4SCNR」は、セミファンレスモデルの中では安くて良いと思います。

追記 2017/11/06
「GeForce GTX 960」と「Radeon RX 560」で3DMarkの 「Fire Strike」での比較をしてみました。
https://www.3dmark.com/compare/fs/14030383/fs/14025869

「Radeon RX 560」のみのスコア
http://www.3dmark.com/fs/14025869

大雑把に、「GeForce GTX 960」の75%くらいの性能です。

「Radeon RX 560」は、「GeForce GTX 1050」、「GeForce GTX 950」と同程度の性能みたいです。
「Radeon RX 560」の3DMarkのスコア
http://www.futuremark.com/hardware/gpu/AMD+Radeon+RX+560/review

メーカー商品ページ
http://www.hisdigital.com/jp/product2-952.shtml

正規販売代理店の商品ページ
http://www.itc-web.jp/product/his-rx560-green-icooler-oc-4gb

【レビュー】エスケイネット 15.6型 フルHD 液晶モニター SK-HDM15 レビュー

エスケイネット 15.6型 フルHD 液晶モニター SK-HDM15のレビュー

SK-HDM15

SK-HDM15

珍しい15.6インチのフルHD液晶モニター

まずSK-HDM15の大まかな特徴から

画面サイズ: 15.6インチ
パネルタイプ: ノングレア
画素数: 1920×1080 (フルHD)
最大表示色数: 約1,677万色
駆動方法: TFTアクティブマトリックス TN方式
HDMI端子、アナログ端子(Sビデオ、コンポジット、VGA)搭載

PC液晶モニターはいろいろな会社から豊富な画面サイズ、パネルタイプ、画素数の液晶モニターが出ていますが、15.6インチでフルHDのまともなデスクトップ向けの液晶モニターは「SK-HDM15」以外(2017年03月時)ありません。モバイルモニターなら一応15.6インチでフルHDのモニターはありますが、最大表示色数は26.2万色だったり入力端子の耐久性に問題があったり高すぎたりします。

amazonで15.6インチのフルHD液晶モニター探してみてください。少ないです。
http://amzn.to/2mXmkdv

そんな珍しい15.6インチのフルHD液晶モニターのレビューです。

続きを読む

i7 6700Kの簡易レビュー

i5 2500Kからi7 6700Kにしたので簡易レビュー

IMG_20160308_195450

他サイトのベンチマークで概ね「i5 2500K」の二倍くらいの性能というのが一般的な評価のようです。これは使ってみて大体そのとおりだと思いました。

Aviutlプラグイン x264guiEx使用(設定同じ)でのx264の動画エンコードは「i5 2500K」のほぼ二倍くらいでした。

発熱はCPUクーラーによって違いますが自分の環境では、ほぼ100%時 定格 48度位。OC4.4GHzで 60度位。室内温度 15度前後。
OCの際は「MSI Gaming APP」を使用。

最近のゲームは最低「i5 2500K」のスペックが多くなってきたので今後、数年使えるように「i7 6700K」にしました。また、x264の動画エンコードも遅いと感じていたので、エンコ速度が二倍くらいが確実そうな「i7 6700K」と1万くらい安いが、「i5 2500K」に比べて、エンコ速度が倍にならない「i5 6600K」とどちらにするか、かなり悩みましたが、「i7 6700K」にして良かったと思います。倍位になると随分楽になりました。

マザーボードは「MSI Z170A GAMING M5」にしたので簡単にOC4.4GHzに出来ました。
メモリは「32GB」

 


IntelCore i7-6700K BOX品 ※CPUクーラー別売り

IntelCore i7-6700K BOX品 ※CPUクーラー別売り
価格:43,270円(税込、送料込)