カテゴリー別アーカイブ: CryENGINE

CRYENGINE V Assetフ ァイルの暗号化

Assetファイルの入ったPAKファイルをEncryptすることで解凍ソフトなどで、開くことができない状態にできます。

Signingすることで解凍ソフトなどで、内容は見ることはでき、内容を変更することができない状態にもできます。 続きを読む

CRYENGINE V Luaを使用して、新しいEntityを実装する方法

Luaを使用して、新しいEntityを実装する方法

まだ詳しくわかっていません。間違っているかも。見づらいので文の修正を予定。

新しいEntityを実装するには、.Luaファイルと.entファイルの2つのファイルを指定の場所に追加する必要があります。 続きを読む

CRYENGINE V Materialの作成

Materialの種類

CRYENGINE VのPBRは Specular Workflow です。
UnityのStandard (Specular setup) に相当します。(UE4はMetalness Workflow。UnityはSpecular、Metalness どちらも使える。)

Materialには、2つのカテゴリがある。
金属と(鉄、金、銅などのような導体)非金属(プラスチック、石材、木材、皮、ガラスなどのような誘電体) 続きを読む

CRYENGINE 5インストール

使用バージョン CRYENGINE 5.0
ランチャーをインストール

まずはランチャーをインストール
インストール先は、初期位置のままだと不便な場合があるので、(環境により管理者権限が必要かも)別の場所にする方が良いと個人的には思う。 続きを読む

CRYENGINE 5 rc.exeでテクスチャを作成

 

rc.exeのショートカットを作成し /userdialog=1 /refreshをつけ、rc.exeのショートカットに、tifファイルをドラッグアンドドロップするか、batファイルを作成する。

batファイル例
@rem rc.exeのある場所をフルパスで指定。
SET RC=F:\ProgramFile\CRYENGINE_ Launcher\Crytek\CRYENGINE_5.0\Tools\rc\rc.exe
"%RC%" "%~dpnx1" P=PC /refresh /userdialog=1