CryENGINE 3にBlenderの3Dモデルをインポートする 準備

CRYENGINE 5で使用する3DモデルをBlenderで作成

Blenderのアドオン,CryBlendを使う。
CryBlend 情報

CryBlendダウンロードから、インストールまで。

  1. Blender 2.6x
  2. Python 3.2.x (任意 CryBlendには必要ない)
  3. CryBlend
  4. CryEngine 3.4.5 のRC.exe
    DDSにテクスチャを変換する際、必要
    (リンク先のArchive Buildsにある)
    Converting textures to dds

Blenderをインストール

インストールの方法、UIの日本語表示の方法などは、各自調べる。

Pythonをインストール

CryBlendアドオンを使うだけなら必要ない
PythonをインストールしなくてもBlenderは使えるが、Blenderのアドオンが一部使えなくなる。
Pythonは、Blenderのバージョンによって、インストールするバージョンが違うので、注意
Blender 2.63aならPython3.2.x(xは最新の数字 Python 3.2.3など)

CryBlendをインストール

CryBlendの最新バージョンは、GithubのCryBlend(右のDownload ZIPなど)からダウンロード
io_export_cryblend
io_export_cryblendフォルダを blender\2.xx\scripts\addonsフォルダへコピー

Blenderの設定


カテゴリーが、Import-Exportに変わりました。


CryENGINE_PC_v3_x_x_xxxx_FreeSDK\Bin32\rc\ にあるrc.exeを指定する
rc.exe


CryENGINE 3にBlenderの3Dモデルをインポートする

Pocket

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

コメントを残す