CRYENGINE V 作成したゲームの配布に必要なファイル

CRYENGINE V 作成したゲームの配布に必要な最低限のファイル

ファイル構成

2016-09-20-08_30_59-cryengine-5-1-1

基本的に必要な最低限のファイルは3つのフォルダ以下のファイルと.cfgファイルです。

先にエディターでExport to Engineなどをする。

Assetsフォルダ
Assetsフォルダ内のフォルダ、ファイルは「Levels」フォルダ以外は「7zip」などでzip形式でまとめることが出来る。まとめた後は、.zipから.pakに変更

binフォルダ
CRYENGINEをビルドし出来たファイルもしくは、「CRYENGINE_Launcher\Crytek\CRYENGINE_x.x\bin\win_x64」にあるファイルをbinフォルダにコピー。
その後「GameLauncher.exe」からゲームを起動し、binフォルダ内の全てのフォルダ、ファイルを削除します。「ファイルは開かれているため、操作を完了できません」が出たファイルはスキップします。これで、不要なフォルダ、ファイルは削除できます。

bin\GameSDK.exeまたはGameLauncher.exe
Launcherなど起動用のexeファイル。(ファイル名は変えられます。)

engineフォルダ
engineフォルダにあるファイル

system.cfg (project.cfg)
起動時の設定などはここに書きます。

cryplugin.csv
不明。調査中。プラグイン関連?


以下のリストは古いので現在は違う可能性があります。

フォルダ ファイル コメント
bin\win_x64_release   CryXXX.dll
GameXXX.exe
*.dll

コードからコンパイルしたファイルと
ランチャー(例えばGameSDK.exe )
bin\win_x64_dedicated_release CryXX.dll
GameSDK_Server.exe
msvcp110.dll

msvcr110.dll
オンライン向けファイル
Engine Engine.pak
Shaders.pak
ShadersBin.pak
ShaderCache.pak
ShaderCacheStartup.pak 
GameSDK
(または、 sys_game_folder で指定したフォルダ) 
game.cfg
PAKファイル:
Animations.pak
GameData.pak
GeomCaches.pak
Objects*.pak
Scripts.pak
Sounds.pak
Textures*.pak
Videos.pak
Assetフォルダ
GameSDK/Levels
(または、 sys_game_folder で指定したフォルダ) 
各レベルのフォルダ
Localization <Language>.pak
<Language>_xml.pak 
プロジェクトでサポートする言語。Japanese.pakとか。
<root>
project.cfg (system.cfg)
sys_game_folder指定など、ここに記載されている。

Guide to releasing EaaS-based projects (3.8.6)
http://docs.cryengine.com/pages/viewpage.action?pageId=21890874

2017/03/22更新

Pocket

コメントを残す