CRYENGINE 5インストール

ランチャーをインストール

まずはランチャーをインストール
インストール先は、初期位置のままだと不便な場合があるので、(環境により管理者権限が必要かも)別の場所にする方が良いと個人的には思う。

CRYENGINE Launcher初期位置

CRYENGINE Launcher初期位置

日本語名のフォルダはダメ。日本語が含まれていると、トラブルの原因になるので、CRYENGINE使用時は日本語を含めない。

変更後

変更後

Launcherからログインして、Installed Enginesからエンジン部分をインストールする。

Brofiler.exeがマルウェアとして検出される場合がある。
インストール時Brofiler.exeがマルウェアとして検出される場合がある。(5.1.1でAvastで確認)これは誤検知で、製作者も認識しており、Brofiler 1.1.2以降をGitHubからダウンロードし、それを使えば良い。

Brofilerは、Crytek製ではなく”Vadim Slyusarev”によって開発されたゲームのための超軽量C++プロファイリングツール。

2016-03-25 17_00_25-Greenshot

2016-03-25 17_01_22-Greenshot

ランチャーから”New Project” C++、C#のどちらにするか選び、Templateを選ぶ。Templateの”Blank”は最低限のものしかないテンプレート。(全てをはじめから作るなら”Blank”を選ぶ。全てとは、Flow GraphのNode、Entity等も含む)
Ver5.2で横スクロール、クォータービュー等のテンプレが追加されました。

CRYENGINE公式動画 | テンプレート

Blank
Allows first time users to get a quick overview of using the engine’s core functionality. Used as starting point for creating any type of game.

Sydewinder
The demo game resembles an old school style endless side scroller with highscore counter. A space ship flies from left to right through a space station, while being attacked by enemy ships. The game is held simple in order to focus on the actual mission of showing interaction with sub-systems of the engine.

Sandbox Interaction App
The Sandbox Interaction tutorial covers samples for Interacting with CE#’s Camera object, Sandbox. Events and FlowNodes. We also go a bit more in depth with the UI system. After this Tutorial we are able to implement our own Flownodes in C#, as well as write Add-Ins for Sandbox
エンジンのバージョン等も選べる。
“Name”はプロジェクト名
“Location”はこのプロジェクトを保存するフォルダ場所(プロジェクトごとに保存するフォルダを選べる。)

2016-03-25 17_41_36-CRYENGINE Launcher

このままだと、エンジン部分と最低限の物しか無いので、CRYENGINE Marketplaceからサンプルプロジェクトの”CRYENGINE GameSDK Sample Project“を取得。

基本的に、このCRYENGINE GameSDK Sample ProjectにあるNode、Entityを使えば良い。

ランチャーのLibrary > My Assetsに取得した物があるので、ダウンロード、インストール。

ランチャーのトップからAdd Existing インストールしたGameSDKフォルダを選ぶ。ランチャーに追加される。

サンプルプロジェクト内のobjects.pakなどのpakファイルは暗号化されていないzipファイルなので解凍ソフトで解凍して制作の参考にすると良い。

任意の視点にするには、C++かC#でコードの編集が必要。
デフォルトのFPS、TPS以外の視点(例えば横スクロール、クォータービュー)を作る場合は、C++かC#でコードの編集が必要です。Flow Graphを使えば良いと思うかもしれませんが推奨されていません。(Forumで見た気がしますが詳細忘れました。推奨していないだけで作成は可能です)
GameSDK Sample ProjectのソースコードはGitHubからダウンロード出来る「CRYENGINE V」のソースコードフォルダに有ります。
Ver5.2で横スクロール、クォータービュー等のテンプレが追加されました。


CRYENGINE 5.3から追加された”Schematyc”を使えばC ++やC#でカメラのような要素をコントロールしていた部分がSchematycでコントロールできるそうです。

CRYENGINE V ビルド | めものーとあるふぁ
http://memonotealpha.net/blog/archives/1650

おすすめ解凍ソフト
7-Zip
https://sevenzip.osdn.jp/

テキストエディタはnotepad++が良いです。
notepad++
https://notepad-plus-plus.org/

Pocket

CRYENGINE 5インストール」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: CRYENGINE ダウンロード インストール 方法 | めものーとあるふぁ

コメントを残す