CRYENGINE 5で使用する3DモデルをBlenderで作成 準備編

2017/09現在はCryBlendの後継のBCRY Exporterが最新です。BCRY Exporterの概要

CryBlendダウンロードから、インストールまで。

必要なソフト

github.comはよくわかってませんが最新はこれだと思う
https://github.com/travnick/CryBlend/tree/develop

http://travnick.github.io/CryBlend/

Blenderをインストール

インストールの方法、UIの日本語表示の方法などは、各自調べてください。

Blenderの日本語表示の際は「新規データ」は日本語化しない。トラブルの原因になる。

2016-03-22 12_25_40-Blender

CryBlendをインストール

CryBlendの最新バージョンは、GithubのCryBlend(右のDownload ZIPなど)からダウンロード

ZIPファイル内の「io_export_cryblend」フォルダをBlenderのインストールしたフォルダ「blender\2.xx\scripts\addons」へコピー

Blenderの初期位置
C:\Program Files\Blender Foundation\Blender\2.xx\scripts\addons

img

Blenderの設定

「Blenderユーザー設定」(Alt+Ctrl+U)からアドオン > インポート/エクスポートからCryBlendを有効化をして「ユーザー設定の保存」をする。2016-03-22 12_41_22-Blenderユーザー設定

rc.exeのパス設定

CryBlend > Configuations > Find RC から、rc.exeのあるパスを設定する。

2016-03-22 12_45_01-Greenshot

rc.exeの場所(CRYENGINE_Launcherをインストールした場所)
CRYENGINE_Launcher\Crytek\CRYENGINE_5.0\Tools\rc

これでCryBlendが使えるようになりました。

Pocket
LINEで送る

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

コメントを残す