CryENGINE 3で使える破壊可能なオブジェクトをBlenderで作成する

破壊可能なオブジェクトの作り方は、用途によって何種類かある。
このページではJointed breakable objectsを作る
CryENGINE 3 Free SDKOfficialガイドの破壊可能なオブジェクトの作り方のページ

Jointed breakable objectsは以下のような関係になっています

ジョイントをオブジェクト同士の間に配置することで、
オブジェクトを分離することができる

mass 重さ
各オブジェクトに重さを追加しないと、分離しない。 “mass=0″で動かない
entity
分離後、子オブジェクトを消さない

3DビューでNキー
下の方にプロパティ
massが追加されている。
1で、1Kg

親と子の設定


破片となるオブジェクトは子に設定
親がメインモデル
子がサブモデル
サブモデルは、64個まで

Add Joint

Jointは、オブジェクト同士の間に配置
これにより、オブジェクトが分離できる。

Jointの数は、子の数だけ配置

pot_geme_cryengine-3_04_14
Jointのプロパティのlimitで、どの程度の衝撃で、分離するか決められる。

Crysisでの値の例
100-500は、弾丸によって破壊することができる。
10,000は車や爆発の衝撃で破損することができる。
OfficialガイドのJointのプロパティ説明(英語)

あとは、UVマッピング、マテリアル設定などの設定して、いつものようにエクスポート

Pocket

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

コメントを残す